« 実施体制について | トップページ | 児童虐待のない「子どもにやさしいまち」のためのアイデア募集 »

2010年5月 5日 (水)

主催団体(江戸川子どもおんぶず)について

● 江戸川子どもおんぶずとは?

2001年12月設立。子どもの権利条約の理念を活かした子どもの市民社会づくりをめざして、子どもに関わるさまざまな団体/機関と連携した事業を行う。子どもの電話の活動を中心に活動を展開中!地域の方に支えられる市民活動です(行政機関ではありません)。

私たちがめざすのは、子どもの権利条約の理念 がいきる「子どもにやさしいまち」(※ユニセフChild Friendly Cities)づくり。子どもたちが安心安全に育つことができる地域は、きっとだれもがキラキラ輝く、暮らしやすいまち。だから、私たちは子ども権利条約をベースにした「子どもにやさしいまち」を目標に活動しています。

代表:大河内秀人(寿光院住職)

【2010年度事業内容】
 1.電話事業検討
 2.表現ワークショップ「さをり織り」の実施
 3.子どもの居場所「松江の家」の整備
 4.江戸川の子どもの現状と課題を学ぶ連続学習会(子どもの参画と居場所研究)
 5.江戸川子どもの虐待防止キャンペーンの実施
 6.子どもの最善の利益を求める各種提言活動

Web_2

イラストの椅子は「江戸川子どもおんぶず」のシンボルです。P・ハッチンス作の絵本『おたんじょうびおめでとう!』を読んで、これだ!と思ったのです。
小さな子が、部屋の明かりをつけたいのだけれどもスイッチに手が届かない。
それを見て大人が点けてあげることもできます。でもそうではなくて、椅子をそっと差し出してあげると、子どもはそれを踏み台にして、自分で点けることができます。
子どもたちを守ることは大人のつとめです。と同時に、子ども自身の願いや可能性を信じてその成長を支えること、さらには子どもが参加できるよう社会を開くことも、大人の使命です。そして疲れたときは優しく「休んでいいよ」と言える。
私たちは、そんな“椅子”をイメージして取り組んでいます。

|

« 実施体制について | トップページ | 児童虐待のない「子どもにやさしいまち」のためのアイデア募集 »

企画について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364742/34612328

この記事へのトラックバック一覧です: 主催団体(江戸川子どもおんぶず)について:

« 実施体制について | トップページ | 児童虐待のない「子どもにやさしいまち」のためのアイデア募集 »