« 【TV放送】NHK総合ニュース(9/26) | トップページ | 【新聞掲載】共同通信(10/2) »

2010年10月 7日 (木)

【TV放送】NHK週刊こどもニュース(9/26)

●NHK週刊こどもニュース(9/26放送)
とことんシラベターズ  気づいて 児童虐待

 → NHK週刊こどもニュース

今回は、「児童虐待」について考えた。
「児童虐待」とは、親など大人が、子どもに暴力を振るったり、無視をしたりすること。
平成21年度、全国の児童相談所には、4万4210件の児童虐待に関する相談があった。この数字は過去最高。

--------

なぜこんなに増えているのか?
実は、児童虐待の特徴に、虐待を受けている子どもたちが「それに気づかない」「その事実を認めたくない」ということがある。なぜなら子どもは自分の親のことが好きだし、その生活を普通のことだと思っているから。このため、周りの人たちも気づかないことが多い。
体だけでなく、心にも深いキズを残す児童虐待。
では「自分が虐待を受けたり」「友達が受けていることに気づいたら」どうすれば良いのか…?

--------

虐待に気づいた場合にしらせたり、相談したり出来るところに、身近な「市町村の役所」がある。番組では、神奈川県の茅ヶ崎市役所を取材した。
茅ヶ崎市役所の「家庭児童相談室」には、平成21年度、児童虐待に関する相談が200件以上寄せられた。
ここの相談で最も多かったのが「ネグレクト」と呼ばれる虐待。
虐待と言うと、殴ったり蹴ったりなどの暴力を思い浮かべる人も多いけど、ネグレクトは暴力による直接的な虐待ではない。ネグレクトとは無視をするという意味。
子どもの食事を用意しない。病気になっても、病院に連れていかないなど、子どもの成長に必要な世話をしないこと。
母親からネグレクトを受けていた小1の男の子は、仲の良い友達のお母さんが異常に気づき学校に相談し市役所に連絡した。
茅ヶ崎市は、母親と話し合い、夜、仕事に行く時は、男の子を一人きりにしないよう施設に預けることを約束させた。
その後も、学校や施設と連絡を取り合って男の子の見守りを続けている。
このケースのように知らせることで虐待から救われる場合もある。
「市町村の役所」以外にも「児童相談所」や「福祉事務所」が相談の窓口としてあるので、虐待に気づいたら是非知らせてください。

--------

ただ、残念ながら通報したけれども間に合わなかったという例も数多くある。
同じことを繰り返さないため、自分たちに出来ることを考え始めた若者たちのグループがある。

このグループが、虐待について考え始めるきっかけになったのは、今年1月、東京・江戸川区でおきた小学1年生の男の子が両親に虐待を受け死亡する事件だった。
男の子は歯医者に虐待されていることを相談。大人にSOSを出していた。歯医者さんは区役所に通報。学校が両親と話しをしたが、父親の「これはしつけ。もう二度となぐらない」という言葉を信じて虐待をとめられなかった。

男の子の出したSOSに、大人たちは、どうして答えなかったのか?
グループのメンバーは自分たちに出来ることがあるのではないかと、話し合いを続けている。

さらに虐待について、子どもたち自身がどう考えているのか、今年5月、18歳までの子どもを対象に全国にアンケートを呼びかけた。
質問は「困った時に相談する相手は?」「虐待を受けているかもしれない友達がいたらどうする?」。そんな問いかけに、1000通を超える子どもたちの声が集まった。
一通一通を大切なメッセージとして捉え、そこから、子どもだからこそ出てくる解決策やヒントを探ろうとしている。
こうした子どもの声を大人たちに投げかけることで、虐待を少しでも減らしていこうとしている。

--------

大人は、子どもたちの「助けて欲しい」という声をきちんと受けとめて、しっかり対応してあげないといけない。

また、子どもたちもSOSの声を上げることは、少しでも虐待を減らすキッカケにはなると思うので辛い時は、しっかりと声をあげて欲しい。

(NHK週刊こどもニュース)

|

« 【TV放送】NHK総合ニュース(9/26) | トップページ | 【新聞掲載】共同通信(10/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364742/37122326

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV放送】NHK週刊こどもニュース(9/26):

« 【TV放送】NHK総合ニュース(9/26) | トップページ | 【新聞掲載】共同通信(10/2) »