« 【学会誌掲載】こども環境学会学会誌に掲載されました | トップページ | 【活動発表】弁護士会のシンポジウムに登壇します »

2011年1月23日 (日)

【1周忌にあたって】わたしたちの声明文

江戸川子どもの虐待防止キャンペーン
声明文
江戸川区において発生した
児童虐待死亡事件から1年にあたって

東京都江戸川区で、小学1年生(当時)の男の子が、両親からの虐待を受けて亡くなるという悲しい事件から、1月24日で1年が経とうとしています。男の子はSOSを出しており、江戸川区、学校、児童相談所が虐待の事実を認識していたにもかかわらず、このような最悪の結果を防げなかったことは、社会に大きなインパクトを与えました。

この地域に暮らす、子ども・若者として、支援者として、市民として、事件から学び、二度と同じようなことを起こさないために、「江戸川子どもの虐待防止キャンペーン」を実施し、18歳までの子どもアンケートでは1,023通もの回答が寄せられました。その子ども・若者たちの声が示すように、子どもたちに「聴く」こと、また、それを地域の中でしっかりと「活かしていくこと」こそが、子どもの命を守り、子どもから信頼される社会づくりに不可欠であることを、キャンペーンを通じて何度も訴えてきました。

しかしながら、江戸川区もその他の地域でも、子どもの声を聴くという観点でとらえると、具体的なことは何も変わっていません。毎日のように児童虐待のニュースが流れ、全国的にも3日に1人の割合で子どもが死亡しています。変化しない日々が、子どもたちに不安を残していることは、極めて遺憾であり、強い憤りを覚えます。

私たち「江戸川子どもの虐待防止キャンペーン」は、子どもの権利条約の精神に立ち、児童虐待防止に向け、以下の3点を改めて呼びかけ、子どもの最善の利益のために、子どもの声を聴き、諸施策が子どもの視点に立って推進される社会への転換を求めます。

一.子どもの視点に立った児童虐待防止施策の推進
一.命を支える「権利」を学ぶ機会の保障
一.子どもの参画を可能にする体制と仕組みの構築

最後に、江戸川区の事件をはじめとする、児童虐待で命を落としたすべての子どもたちの冥福をお祈りし、今、声を出したいのに出せないでいる、または、自分の声を大人に聴いてほしいのに聴いてもらえないでいる子どもたちに、一刻も早く支援の手が届くことを願います。

2011年1月23日
江戸川子どもの虐待防止キャンペーン
チームあさって、荒田直輝、江戸川子どもおんぶず
連絡先 江戸川子どもおんぶず
FAX 03-3654-9188 Eメール 
eko@mbm.nifty.com 
キャンペーンURL 
http://edogawa-campaign.cocolog-nifty.com/blog/
20110123blog

上掲画像をクリックすると拡大します。

|

« 【学会誌掲載】こども環境学会学会誌に掲載されました | トップページ | 【活動発表】弁護士会のシンポジウムに登壇します »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

虐待を受けた経験のない子どもに話を聞いたところで、虐待防止に役立つとは思えない。
話を聞くなら、虐待した経験を持つ親、虐待された経験を持つ(元)子どもなどの当事者に聞かなければ意味がないと思う。
あなたがたがやっているのは自己満足に過ぎない。

投稿: | 2011年1月24日 (月) 14時58分

貴重なご意見をありがとうございます。
経験を持つ人に話を聴くことは児童虐待防止に役立つとのご意見と受け止めました。
そのとおりだと思います。深く賛同します。
わたくしたちは、子どもの視点に立って、支え合い、手をつなぎ合う社会をめざすことが、虐待を防ぐ社会へのひとつの方法だと考え、今回のキャンペーンを実施しました。
児童虐待の防止には、経験者・当事者はもちろんのこと、子ども若者を含め、あらゆる方々の参画が必要だと思っています。

投稿: 江戸川子どもの虐待防止キャンペーン | 2011年1月25日 (火) 12時59分

虐待を「知らない」子どもが、虐待を「知らない」子どもにアンケートを取ったところで、それが何になるのか。
発表を見せてもらったが、意味がある成果が出たようには思えなかった。そもそもやり方に問題があったと思う。
江戸川の子どもたちを教育したいならそれはそれでいいが、「虐待防止」などとできもしない題目をあげるのはやめてほしい。せいぜい「虐待について勉強しよう」程度だろう。

投稿: | 2011年2月 1日 (火) 02時58分

コメントをありがとうございます。
わたしたちのキャンペーンは手探りで実施してきましたので、たしかに不備や課題も多々ありました。
キャンペーンは終了しましたが、子ども若者を含めたたくさんの方の声を活かしていくことが、児童虐待防止につながるひとつの道になると考えます。
今後のために、さらによりよい方法など、模索していきたいと思います。

投稿: 江戸川子どもの虐待防止キャンペーン | 2011年2月 3日 (木) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364742/38581723

この記事へのトラックバック一覧です: 【1周忌にあたって】わたしたちの声明文:

« 【学会誌掲載】こども環境学会学会誌に掲載されました | トップページ | 【活動発表】弁護士会のシンポジウムに登壇します »