« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

【情報】国連・子どもの権利委員会から一般的意見が出ました

CRC/C/GC/13
17 February 2011

GENERAL COMMENT No. 13 (2011)
Article 19: The right of the child to freedom from all forms of violence(虐待・放任からの保護)

V.  Interpretation of Article 19 in the broader context of the Convention 

56. Article 12 (Right to be heard):

The Committee is of the opinion that child participation promotes protection and child protection is key to participation. The child’s right to be heard commences already with very young children who are particularly vulnerable to violence. Children’s views must be invited and given due weight as a mandatory step at every point in a child protection process. The child's right to be heard has particular relevance in situations of violence (see the Committee's General Comment No. 12, paras. 118 ff). With regard to family and child rearing the Committee expressed that this right plays a preventive role against all forms of violence in the home and family. The Committee furthermore underlines the importance of children's participation in the development of prevention strategies in general and in school, in particular in the elimination of prevention of bullying, and other forms of violence in school. Initiatives and programmes that aim at strengthening children's own capacities to eliminate violence should be supported. As the experience of violence is inherently disempowering, sensitive measures are needed to ensure that child protection interventions do not further disempower children but rather contribute positively to their recovery and reintegration via carefully facilitated participation. The Committee points at barriers to participation faced by particularly marginalised and/or discriminated groups. Addressing these barriers is especially relevant for child protection as such children are often amongst those most affected by violence.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

【2/12ご出席みなさま】御礼と冒険の書について

2月12日(土)に開催されました、

~東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士 共催シンポジウム~
子どもの権利条例シンポジウム
届け!子どもの声  ~子どもの権利条例で実現できること~

にて、チームあさって活動報告書『冒険の書』をご予約いただき、ありがとうございます。

確認のため、振込先を以下に記します。どうぞよろしくお願いいたします。

●振込み先

 《郵便局》 
  口座番号 0120-3-160257
 

 《三菱東京UFJ銀行》 
  西葛西支店(店番 631)
  普通 1411179 
  口座名義 江戸川子どもおんぶず 会計 青木沙織

※どちらでも構いません。

なお、お振込みが完了しましたら、お手数ですが、事務局までメールまたはFAXいただけると幸いです。

メール eko@mbm.nifty.com
FAX  03-3654-9188

20110212_crcsympo01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

【活動発表】弁護士会のシンポジウムに登壇します

~東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士 共催シンポジウム~

子どもの権利条例シンポジウム
届け!子どもの声  ~子どもの権利条例で実現できること~

いじめ、不登校、虐待、非行、買春、貧困、格差・・・。
子どもたちを取り巻く困難な状況に対し、子どもたちはどのように感じ、大人たちは何ができるでしょうか。このたび、国連子どもの権利条約の理念を踏まえ、子ども・若者育成支援推進法、子ども・若者ビジョンが作られました。子どもの人間としての尊厳が守られ最善の利益が尊重される社会を実現するために、地方自治体に求められることは何でしょうか。

国際的潮流を学び、子どもたちの声を聞きながら、権利救済システムと子どもの権利条例について考えます。

20101116b

※画像をクリックするとPDFに飛びます。

日  時   平成23年2月12日(土)13:00~16:00(開場12:30)
場 所   弁護士会館2階 「講堂クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3)
※東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口より地下1階直結
対 象   どなたでも参加いただけます。
費 用   入場無料
予 約   不要

プ ロ グ ラ ム
【 第 1 部 】

基調講演 
講師  宮本 みち子 (放送大学教授)

子どもの声を聞こう ・・・ チームあさって

【 第 2 部 】

パネルディスカッションpartⅠ
「子どもの権利条例で実現できること」
パネリスト 荒田 直輝 (プレイソーシャルワーカー)
       荒牧 重人 (山梨学院大学教授)
       一場 順子 (弁護士・元子どもの権利擁護専門相談事業専門員)
       坪井 節子 (弁護士)

主 催   東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会
問合せ   東京弁護士会 人権課 : 大島  TEL 03-3581-2205

※弁護士会WEBサイト → コチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »