お知らせ

2011年11月24日 (木)

【11/27予定】江戸川子どもの虐待防止キャンペーン 自己評価WS

Hear20by20rightb

2010年に実施した「江戸川子どもの虐待防止キャンペーン」(江戸川子どもおんぶず/チームあさって/荒田直輝さん)の自己評価事業を、名古屋から専門家チームを呼び、イギリスの手法「ヒア・バイ・ライト」を用いて行います。

※「ヒア・バイ・ライト」とは、事業または活動における子ども・若者の参画をより安全で確実で持続可能にするためのツールです。

 clover ヒア・バイ・ライトとは?/本評価WS実施経緯 → 2011年9月6日BLOG
 clover 開発者(イギリス:National Youth Agency)来日・日本語翻訳本出版記念 → 2009年2月28日BLOG

日 時  2011年11月27日(日) 13:00~18:00
場 所  松江の家 ※基本的には非公開
コーディネーター  NPO法人子ども&まちネット ヒア・バイ・ライトチーム
参加者  江戸川子どもの虐待防止キャンペーン実施者(チームあさって、荒田直輝、江戸川子どもおんぶず)

●使用予定ツール
(1) Hear by Right Standard & Mapping Tool
(2) Building Standard
(3) What's Changed

※当日は、ヒア・バイ・ライトを通じて知り合った静岡県立大学の若者エンパワメント委員会(YEC)のみなさんにもお越しいただき、この夏にNYAに視察に行かれた際のお話もうかがいます。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

【活動発表】弁護士会のシンポジウムに登壇します

~東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士 共催シンポジウム~

子どもの権利条例シンポジウム
届け!子どもの声  ~子どもの権利条例で実現できること~

いじめ、不登校、虐待、非行、買春、貧困、格差・・・。
子どもたちを取り巻く困難な状況に対し、子どもたちはどのように感じ、大人たちは何ができるでしょうか。このたび、国連子どもの権利条約の理念を踏まえ、子ども・若者育成支援推進法、子ども・若者ビジョンが作られました。子どもの人間としての尊厳が守られ最善の利益が尊重される社会を実現するために、地方自治体に求められることは何でしょうか。

国際的潮流を学び、子どもたちの声を聞きながら、権利救済システムと子どもの権利条例について考えます。

20101116b

※画像をクリックするとPDFに飛びます。

日  時   平成23年2月12日(土)13:00~16:00(開場12:30)
場 所   弁護士会館2階 「講堂クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3)
※東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口より地下1階直結
対 象   どなたでも参加いただけます。
費 用   入場無料
予 約   不要

プ ロ グ ラ ム
【 第 1 部 】

基調講演 
講師  宮本 みち子 (放送大学教授)

子どもの声を聞こう ・・・ チームあさって

【 第 2 部 】

パネルディスカッションpartⅠ
「子どもの権利条例で実現できること」
パネリスト 荒田 直輝 (プレイソーシャルワーカー)
       荒牧 重人 (山梨学院大学教授)
       一場 順子 (弁護士・元子どもの権利擁護専門相談事業専門員)
       坪井 節子 (弁護士)

主 催   東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会
問合せ   東京弁護士会 人権課 : 大島  TEL 03-3581-2205

※弁護士会WEBサイト → コチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

【1周忌にあたって】わたしたちの声明文

江戸川子どもの虐待防止キャンペーン
声明文
江戸川区において発生した
児童虐待死亡事件から1年にあたって

東京都江戸川区で、小学1年生(当時)の男の子が、両親からの虐待を受けて亡くなるという悲しい事件から、1月24日で1年が経とうとしています。男の子はSOSを出しており、江戸川区、学校、児童相談所が虐待の事実を認識していたにもかかわらず、このような最悪の結果を防げなかったことは、社会に大きなインパクトを与えました。

この地域に暮らす、子ども・若者として、支援者として、市民として、事件から学び、二度と同じようなことを起こさないために、「江戸川子どもの虐待防止キャンペーン」を実施し、18歳までの子どもアンケートでは1,023通もの回答が寄せられました。その子ども・若者たちの声が示すように、子どもたちに「聴く」こと、また、それを地域の中でしっかりと「活かしていくこと」こそが、子どもの命を守り、子どもから信頼される社会づくりに不可欠であることを、キャンペーンを通じて何度も訴えてきました。

しかしながら、江戸川区もその他の地域でも、子どもの声を聴くという観点でとらえると、具体的なことは何も変わっていません。毎日のように児童虐待のニュースが流れ、全国的にも3日に1人の割合で子どもが死亡しています。変化しない日々が、子どもたちに不安を残していることは、極めて遺憾であり、強い憤りを覚えます。

私たち「江戸川子どもの虐待防止キャンペーン」は、子どもの権利条約の精神に立ち、児童虐待防止に向け、以下の3点を改めて呼びかけ、子どもの最善の利益のために、子どもの声を聴き、諸施策が子どもの視点に立って推進される社会への転換を求めます。

一.子どもの視点に立った児童虐待防止施策の推進
一.命を支える「権利」を学ぶ機会の保障
一.子どもの参画を可能にする体制と仕組みの構築

最後に、江戸川区の事件をはじめとする、児童虐待で命を落としたすべての子どもたちの冥福をお祈りし、今、声を出したいのに出せないでいる、または、自分の声を大人に聴いてほしいのに聴いてもらえないでいる子どもたちに、一刻も早く支援の手が届くことを願います。

2011年1月23日
江戸川子どもの虐待防止キャンペーン
チームあさって、荒田直輝、江戸川子どもおんぶず
連絡先 江戸川子どもおんぶず
FAX 03-3654-9188 Eメール 
eko@mbm.nifty.com 
キャンペーンURL 
http://edogawa-campaign.cocolog-nifty.com/blog/
20110123blog

上掲画像をクリックすると拡大します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

【訂正とお詫び】日本子どもの虐待防止学会 抄録pp164の修正

日本子ども虐待防止学会 第16回学術集会 くまもと大会 一般演題 <P27-27>「 共 同 演 者 名 」 に誤りがありました ( 抄 録 集 P164 )。

江戸川子どもおんぶずによる登録申請の際の間違えです。大変失礼致しました。お詫び申し上げますと同時に、次のとおり修正いたします。

Syouroku1_hyou1

Syourokupp164_3

※上記画像をクリックすると、原寸大の修正ページが別ウィンドウで開きます。

共同演者を、 荒田直輝(プレイソーシャルワーカー、東洋大学) といたします。

荒田直輝さんをはじめ、大会事務局の方に、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

【お知らせ】冒険の書、絶賛好評頒布中!

Ol_20101123b

江戸川子どもの虐待防止キャンペーンにおける「チームあさって」の活動報告書 『 冒 険 の 書 』 が完成しております。

総頁数32ページのボリュームある1冊。半年間の全記録を詳細に掲載しました。

子どもの虐待防止に関わるみなさん! 子どもの参画に関わるみなさん!
必見の1冊です!!

●頒布価格 1,000円(送付手数料100円)
※5冊以上のお申込の方には、送付手数料を無料にいたします。

●申込方法
上記画像をクリックすると、大きな画像になります。印刷してFAXください。
または、事務局までメールください。
※FAX番号、Eメールアドレスは、チラシに記載してあります。ご覧ください。
※郵送の際、お振込みの詳細を同封します(郵便振替または東京三菱UFJ銀行)。手数料はご負担ください。 

●報告レポート付き!
お申込いただいた方には、江戸川子どもの虐待防止キャンペーン報告レポート(A3二つ折り/4色)をお付けします。こちらはキャンペーン全体をまとめたものです。

Pp0104b

(左pp04-右pp01)

Pp0203b

(左pp02-右03)

こちらも読み応えある仕上がりになっています。ぜひ、この機会にお申込ください!!

※チームあさって活動報告書『冒険の書』の売上は、印刷費とチームあさっての今後の活動費に当てられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

【お知らせ】日本こども虐待防止学会に出ます!

日本こども虐待防止学会第16回学術集会くまもと大会に参加し、「一般演題」で活動発表します!

Ippan239b

学会会期:2010年11月27~28日

 私 た ち の 発 表 

日時:27日(土)13:30~枠 発表番号:P27-27 場所:1階モールポスター会場

※座長:三浦陽二さん(児童養護施設愛隣園)

演題●地域の子ども・若者自身が担う虐待防止事業の試み

筆頭演者*石橋涼子 江戸川子どもおんぶず

本年1月に明るみに出た、東京都江戸川区在住の小学校1年男児の虐待死事件においては、被害児自身が、歯科医師に対して虐待の事実を訴え、これが行政の虐待防止部門に伝えられていた。にもかかわらず、この訴えが生かされることなく、結果的に児の死亡という事態を防ぐことができなかった。
我々は、当該地域において、子どもの声を聴き、その権利が生かされるまちづくりを目指してきた立場から、この事実を重く受け止めた。これが、被害児の生命を奪うとともに、「勇気を出して声をあげても応えてもらえない」という現実を、多くの子どもたちの目の前につきつける結果となったからである。
こういしたことから、我々は、子ども虐待防止の取り組みの中に、子どもたち自身の意見を反映させるシステムの構築が必要だと考えた。その第一歩として、子ども・若者によるチームを募り、子どもたちの意見を集めるプロジェクトを開始した。チームには17歳から24歳まで15人の参加を得、プレイソーシャルワーカーをスーパーバイザーとして迎えた。
このチームでの討議の結果、まず質問項目を三点(あなたが困ったときに相談するのはどこですか?・もし「虐待を受けているかもしれない・・・」という子がいたら、あなたはどうしますか?・あなたや友だちが「しああせ」と感じるまちにするためには、どうしたらいいと思いますか?)に絞り、アンケート形式での調査を行うこととした。アンケートは、手渡しの他、メール・ブログ・ツイッターを用いて広報し、約1000名からの回答があった。大多数は区内・近隣地域からのものであったが、遠隔地からの回答もあった。このチームでは、アンケートと並行して、少人数でのヒアリングも行った。
こうしたことを通じて、子どもたちがイメージする、虐待のない社会像や、虐待防止にむけて子どもたち自身が担おうとする役割像が、浮かび上がってきた。今回、これらの調査結果と分析内容を報告するとともに、虐待防止における子ども参画の意義についても考察する。

日本こども虐待防止学会第16回学術集会くまもと大会

参加される予定の方、ぜひ、私たちの発表を聞きにきてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

【お詫び】チームあさって報告書◆落丁がありました

10/3報告シンポジウムで頒布しました 『 冒 険 の 書 ― チームあさって報告書 』 に落丁がありました。シンポジウムにご参加いただいたみなさんにお送り差し上げます。数日中にお手元に届くかと思います。

みなさまにも、またチームあさってのみなさんにも、大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Pp31

江戸川子どもおんぶず事務局 青木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

【速報】報告会を開きます

★ 速報 ★

江戸川子どもの虐待防止キャンペーンの報告会を、
 10月3日(日)午後 に開きます。

内容は、アンケート結果報告、事業報告、チームあさってによる分析報告、記録フィルム上映、ゲストを迎えたシンポジウム を予定しています。

詳細は、決まり次第お知らせします。お楽しみに!

 

事務局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

【新聞掲載】東都よみうりに掲載されました(5月28日)

子どもの虐待防止でアンケートを実施
江戸川子どもおんぶず

東都よみうり No.1399/2面(5月28日)

「江戸川子どもおんぶず」( 大河内秀人代表、江戸川区東小松川 )が、子どもの虐待防止キャンペーンの一環として、十八歳までの子どもたちを対象にしたアンケートを実施している。

質問は「あなたが困ったときに相談するのはどこですか?」「もし『虐待を受けているかもしれない……』という子がいたら、あなたには何ができると思いますか?」「あなたや友だちが『しあわせ』と感じるまちにするためには、どうしたらいいと思いますか?」の三問で、六月六日まで募集している。

回答はファックス(fax 3674・6677 )、メール( edogawa.campaign@gmail.com )、ホームページ投稿フォーム( edogawa-campaign.cocolog-nifty.com/blog/ )、郵送( 〒132-0033 江戸川区東小松川三の三五の十三の二〇四 小松川市民ファーム内 )、ツイッタ―(http://twitter.com/edo_childabuse ID.江戸川子どもの虐待防止キャンペーン )で受け付けている。

問い合わせは大河内さんへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【新聞掲載】毎日新聞に掲載されました(5月28日)

記者のひとりごと

再発防止に子どもの声

毎日新聞東京 2010年5月28日

江戸川区の小学1年生が今年1月に虐待死した事件を受け、大学生や高校生らが虐待防止に向け子どもたちの意見を募ろうと、アンケートを実施している。記事で紹介後、他の市民団体から「詳しく教えて」と連絡があり想像以上の反響だった。

江戸川の事件では、亡くなった男児のSOSのサインを大人たちが受け止められなかった。アンケートを進める若者グループは「子どもたちが困った時、大人にSOSを出しても無駄なんだと思ってほしくない」との思いが根底にある。

相談機関の人手不足、行政機関の連携不足などと、虐待事件の背景を分析して課題を洗い出すだけでなく、再発防止には、子どもの声をもっと生かすべきだと私も思う。SOSすら安心して出せなくては意味がないのだから、そうならないために、大人も子どもも一緒になって、今の社会に足りない物や必要な物を考えていく必要がある。

意見を持つ社会の一員として子どもをとらえるこの取り組みに、期待している。

【山田奈緒】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お知らせ | ご報告 | 企画について | 情報